NASA DART探査機が撮影した標的の小惑星の画像を公開!

 NASAは現地時間2022年9月8日、2021年11月に打ち上げられたアNASAの探査機「DART」が撮影した小惑星「ディディモス」とその衛星「ディモルフォス」の画像を公開しました。

  DARTは「Double Asteroid Redirection Test」(二重小惑星方向転換試験)の略です。DART探査機は2022年9月26日に衛星のディモルフォスに意図的に衝突する予定です。これは惑星防衛のために探査機を意図的に小惑星に衝突させることで軌道をそらす世界初の実証試験です。

 今回公開された画像は2022年7月27日にDARTに搭載された光学航法用小惑星カメラ (DRACO)で撮影された243枚の画像を合成したものです。DARTはディディモスから約3200万km離れた距離でディディモスおよびディモルフォスからなる二重小惑星はまだ暗く、撮影できる確証はなかったようですが、画像を合成することでディディモスの位置を特定できたとのこと。

  DART探査機は9月7日以降、5時間ごとに観測を行い、3回の軌道修正操作を実行する予定となっており、衝突の約 24 時間前である9月25日に、2km以内にターゲットのディモルフォスの位置を特定することができます。その後、DART探査機は自律的に誘導されて小惑星との衝突する計画になっています。

  小惑星に探査機を衝突させて、軌道を逸らすという映画や小説に出てくるような計画が、もう間も無く実行されます。小惑星ディディモスは地球に衝突するような軌道ではありませんが、計画通りに軌道をずらすことができるのか注目ですね。

Image Credit: NASA JPL DART Navigation Team

参考URL

NASAの小惑星軌道変更ミッション「DART」探査機が標的の二重小惑星を撮影



https://www.nasa.gov/feature/dart-sets-sights-on-asteroid-target/


Wrote: わたなべ