1世紀ぶりに木、土、火星の3惑星が“競演” 同方角で相次ぎ最接近

球より外側を公転する3惑星(火星、木星、土星)が今年の夏頃まで同方向に並び、相次いで地球に最接近します。
この現象は各惑星の公転周期が異なるため非常に珍しく、前回の1922年から約一世紀ぶりとなります。
接近しているため天候が良ければ肉眼でも確認できそうで、色は木星が薄茶、土星が黄、火星が赤となっています。

残念ながら木星の最接近は5/10で過ぎていますが、土星が6月28日、火星が7月31日に最接近します。

特に土星はリングが見えやすくなっていますので、最接近の際に観測してみるとキレイに見えそうです。
観測好きな方もそうでない方も、この機会に是非試してみてはいかがでしょうか?



1世紀ぶり夜空で“競演” 木、土、火星が相次ぎ最接近、同方角に(産経新聞)  | Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000513-san-sctch

Wrote: ケイ