2020年に人工の流れ星が流れる

宙ベンチャーのALEが世界初の人工衛星による人工流れ星の初回実施時期を2019年から2020年に延期すると発表しました。
人工衛星の機能向上を図ることが理由です。

ALEが実現しようとしている人工流れ星は、人工衛星に流れ星の元となる粒子を載せて、地球に向けて落とすことで流れ星を発生させるというものです。
この人工流れ星の精度向上のために、今回の人工衛星の機能向上が必要なのでしょうね。

今回人工流れ星の初回実施時期が延期されましたが、宇宙とエンターテイメントの組み合わせを早く体験してみたいですね。

世界初の人工衛星による人工流れ星応援プロジェクト 「SHOOTING STAR challenge」 人工衛星の機能向上に向けた 今後のスケジュール変更のお知らせ | 株式会社ALE
http://star-ale.com/news/238/2018/03/14/

Wrote: わたなべ